トップページへ


ジャカランダ(紫雲木)



2009.6.11 大口橋にて



ノウゼンカズラ科

別名:シウンボク(紫雲木)、キリモドキ(桐擬き)
世界3大花木「ジャカランダ(紫雲木)、フランボヤン(鳳凰木)、スパトデア(火炎木)」の1つで、南米原産で鮮やかな薄紫色の花を咲かせることから『熱帯の桜』と呼ばれています。高さ15mにもなるノウゼンカズラ科の高木です。マメ科の様な葉を付け、多数の薄紫色の花を咲かせます。
また、移民として南米に渡った日本人が,キリの花に似ていることから「桐擬き」と読んで愛した花だそうです。


花期



育て方

鉢物にすることは困難なようです。



↑トップ                              索引へ                  〔トップページへ